TOLFAとは

コールセンターへの問い合わせで広く利用されている着信課金電話(0120等)に代わる、インバウンドコールセンター事業者様向けの新サービスです。電話回線を利用することなく、ユーザーとコールセンターとを無料通話で結びます。(2020年7月サービス提供開始予定)

着信課金電話でかかっていた経費を約1/5へと削減が可能

全く新しいコンセプトのTOLFA

extension

経費を約1/5へと削減することも可能

TOLFAは、電話回線を利用せずにユーザーとコールセンターを結びます。ご利用には、通話数・通話時間の制限は無く、同時接続数による月額課金制となるため、通話時間が長くなるほど経費の削減率は大きくなります。着信課金電話の通話料金と比較し、経費を約1/5へと削減することも可能です。もちろんユーザーに通話料金の負担が発生することもありません。

詳しく見る
extension

ブラウザから通話、アプリケーションのインストールは不要

コールセンター毎に専用のWebインターフェイスをご用意します。ユーザーはそのWebインターフェイスを利用してコールセンターと会話をします。ブラウザがそのままインターフェイスとなるため、ユーザーがアプリケーションをインストールする必要はなく、ボタンをタップするだけでコールセンターと会話を始めることができます。ユーザビリティに優れ、コンバージョンのアップも期待できます。

詳しく見る
extension

ご利用のコールセンターシステムはそのままで導入が可能

TOLFAは、コールセンターの電話交換機(PBX)と直接接続します。TOLFAとの接続ができればコールセンターのPBXはクラウド、オンプレミスを問わず利用することができます。コールセンターの既存PBX、CTI、CRM等のシステムのリプレイスを行う必要はありません。PBXのリプレイスが不要なため既存IVRのコールフローもそのまま利用でき、利用中の電話回線もそのまま併用することができます。

詳しく見る

ご利用のイメージ

TOLFAは、今ご利用されているコールセンターのPBXと直接接続します。 電話回線との併用も可能です。

大きな経費削減が可能

コールセンターへの問い合わせで広く利用されている着信課金電話(0120等)ですが、モバイルからの発信による入電が過半数以上を占め、その通話料金は高額なものになります。TOLFAは電話回線を利用せずユーザーとコールセンターを結ぶため、着信課金電話でかかっていた経費を大きく削減することが可能です。

       

着信課金電話との費用を比較してみましょう

実在するコールセンターへの入電分析から、着信課金電話の通話料金とTOLFA利用料金を比較してみました。通話時間の長いコールセンターほど経費の削減率が大きくなります。

1エージェント/1ヶ月 着信課金電話 TOLFA
通話時間 58.6時間 無制限
着信課金通話料金 47,235円 定額
1エージェントあたりの費用 47,235円 10,000円(同時接続数1)
10エージェントあたりの費用 約47万円 10万円(同時接続数10)

【以下の条件で試算しています。】
着信課金通話料金単価:モバイル=17円/1分、固定電話=8円/3分
入電比率:モバイル:固定電話=3:1
1日の営業時間:8時間
1か月の営業日数:22日

アプリケーションのインストールは不要

コールセンター毎にユーザーインターフェイスをご用意します。コールセンターへアクセスするために、ユーザーがアプリケーションをインストールする必要はありません。

ユーザーインターフェイスは、コールセンターの業務にあったデザインへカスタマイズすることが可能です。コールセンターで取り扱う商品やサービスのイメージをユーザ―へ伝えることができます。

スマートフォン以外からも利用が可能

スマートフォンのほか、タブレット、PCからもコールセンターと会話することができます。

通話時間の長い業務に最適です

info

問合せ・案内

phonelink

テクニカルサポート

access_time

申込受付

group

占い・相談

ご利用の機器がそのまま使えます。

TOLFAは、今ご利用されているコールセンターのPBXと直接接続します。そのためPBXの他、ご利用中のCTI、CRM等の連携システムはリプレイスする必要はなく、そのままご利用いただけます。

もちろん電話回線との併用も可能です。外線着信として着呼しますので既設のIVRのフロー等はそのままご利用いただけます。また、複数のキューへの振り分けには、ユーザーインターフェイスを複数用意し直接キューインさせると、面倒なIVRフローを排除することもできます。

高音質・音声暗号化

音声は、電話回線より高音質にコーデック(音声符号化)されます。またDTLSによる音声の暗号化で会話の盗聴・漏えいを防いでいます。
(※ユーザーの利用環境に依存し音質が劣化する場合があります。)